縦機を使って織った作品


縦型の機織り機を使って
主に白馬の自然の風景を絵織りで表現しました。


白馬の自然は四季それぞれの表情を変え題材を与えてくれます。ただ、それをどのように表現するか、
気に入れば仕事は進み、気に入らなければ機織り機にかかったまま、そんな繰り返しが私の絵織りです。


大型の縦機 機織り機

 高さ2メートル、幅180センチ、奥行き90cmの大型の縦機、筬が120pの物を使っているのでかなり大きなタペストリーが織れます。
縦糸はタコ糸を使い、裏に下絵をおき、透かして見ながら毛糸で横糸を入れていきます。


 下の作品の額はすべて主人が作った物です。私の絵織りが気ままなサイズなのでその都度、絵にあった額を作ってもらっています。私の作品が生きてくるのも額(主人)のおかげだと思っています。

 
白馬の絵織り

46p×100cm 小川村展望台より鹿島槍ヶ岳・五竜岳の山なみ
アルプスの残雪と前山の連なりを表現

 


絵織りの作品と家具

玄関ホールに飾られた作品
テーブルから小物までほとんどの物が手作りです。


絵織りの額と家具

2階の廊下に飾られた作品

 


白馬五竜スキー場の絵織り

68cm×120cm 
白馬五竜スキー場アルプス平より五竜岳・唐松岳
スキーの途中でスケッチ
雪の白は色々な毛糸を使って表現


白馬三山の絵織り

50cm×60cm 白馬三山と八方スキー場
額は桜の枝を使って素朴さを表現

 


青木湖の絵織り

40cm×55cm 青木湖から白馬三山
湖面に映る白馬三山の表現に苦労


かたくりの森の絵織り

55cm×45cm かたくりの咲く森
犬のララと散歩に行って見つけた秘密の場所

 

白馬岳山頂よりの絵織り

55cm×40cm 白馬岳山頂より剣岳を
疲れていたのでここではスケッチが出来ませんでした。
写真をもとに絵織りに


不帰のキレットの絵織り

45cm×55cm 不帰のキレット
岩岳どんぐりにてスケッチ
若い頃登山した思い出のルート

 

草木染白馬の山々の絵織り

46cm×100cm
小川村より五竜岳・唐松岳・白馬三山を望む
初冬、雪が降ったばかりのアルプスと前山の紅葉を表現
横糸は草木染の毛糸を使用

 


槍ヶ岳の絵織り

70cm×95cm
雲海の槍ヶ岳
登山の思い出の写真から


水鳥の絵織り

50cm×50cm 水辺のかも
ステンドのデザイン帳より

 

                        60cm×40cm  
                     赤い帽子とブーツの少女  図案は絵織物の本より




 

下の7点は個展で出品  2013年9月4日〜29日 白馬村 ギャラリー八方ぶらんしぇにて

他にタペストリーや枝で作った額に織った花など30数点を展示

 
白馬の絵織り

54p×74p
ソバ畑より白馬三山を望む

青木湖からの絵織り 

54p×74p
青木湖より白馬三山を望む

 八方池からの絵織り

60p×50cm
八方池より白馬三山を望む

五竜岳の絵織 

57p×48cm
初秋の五竜岳

 落蔵自然園の絵織

46cm×38cm
春の息吹 落蔵自然園

 鹿島槍ヶ岳の絵織

46cm×38cm
鹿島槍ヶ岳

 白馬村野平からの絵織り

110p×50p
初冠雪  野平より




トップページ 
ぺーじ1    縦機を使って織った作品
ぺーじ2    木の枝を利用して織った作品
ぺーじ3    木の枝で作った額を使って織った作品
ぺーじ4    横機を使って織った作品
ぺーじ5    織り機と絵織りに使う道具・小物
ページ6    絵織りが出来るまで